Buzzes!

全てのコメントを読む
    あなたの人生に足りないピースは...?投稿キャンペーン
    “2015年11月25日 BD&DVD発売決定!
    • まったく想像つかないめちゃくちゃにも感じるストーリーに揺られながら、ラスト、気づくと、一緒に見ていた妻の目が涙で溢れていました。
    • 間違いなく、間違いなく、間違いなく、園子温監督の最高傑作!!大笑いしながら、涙でぐちゃぐちゃになるなんて初めてだ。…今はただ、「ラブちゃん!」と叫びたい。
    • つまるところ、映画は園子温のために発明されていたのだ、と今は信じよう。ピカドン少年の僕も『ラブ&ピース』に出逢えた。あらゆる細部が絶妙なこの…
    • 冒頭から爆笑。園子温作品なので、もちろん分析的に観るのもいいけれど、そんな難しいことを考えなくても楽しめる、皮肉と愛に満ちたお伽話。
    • “夢”と“現実”の差異を肥料にして、“LOVE”が巨大化する。どこかに本当の自分がいるはず、なんて嘘で、いつまで僕らは自分自身を騙し続けるのだろう。
    • 戦争の忌まわしい記憶も、原爆のピカドンも、そして豊かな自然も、みんなかなぐり捨ててきた私たちに、決して捨ててはいけない映画ができた。
    • 甘辛MIXに仕上げられた今作。世の中に電撃ショックを与え続けて来てショート寸前なのか? いや違う。真骨頂を発揮しただけなのだ、きっと。
    • この映画にはコメディ、ファンタジー、ラブストーリーそして怪獣と戦車の戦闘シーンもあり、映画好きの人にとっては福袋のような内容が盛りだくさんの作品です。…
    • 園子温監督の童心があふれ出す!子供に見せたら(いい意味で)トラウマ必至。きっと、ずっと、忘れない。天才監督の童心はまさに……モンスターだ!
    • ピュアとエゴ、まるで太陽と北風。大切なことがぎゅうぎゅうに詰まっていて、気がついたらポロポロと涙が出ていた。 「忘れるなよ」と園さんに言われて…
    • こういう球が飛んで来るから園子温作品を追い続けるのがやめられない。今回は最も直球で、巨大な愛だ。平和が問われる今だからこそ生まれた怪獣を目撃せよ。
    • 和洋様々な娯楽映画からのインスパイアがあるんだけど、どれも「オマージュ」というより「バカにしてんのかよ!」というノリが、いかにも園さん流。だけど確かに…
    • 愛を教えられたがゆえに感じる寂しさと、愛を教えてしまった側の重さを同時に体感させられ、見たあと幾晩もうなされてしまった。人が一人も死なないのに、こんなにも…
    • なんて展開になっちゃうんだ~リアリティーとアリエナイの融合が心地いい~もう園監督愛おしい! 人を想う力は世界を…
    • 人間の残酷さや優しさ。夢への想い。下水道のファンタジー。ラストに流れるメロディ。もうこの映画の虜です。
    • 「そうきたか~!」。反戦や人間の欲望懐疑を、カメ(亀)という“まさかの変化球”で表現した、園監督のセンスに脱帽。オタクと大スターを絶妙に演じ分け…
    • 「見当もつかねえ」ほど巨大化した「ラブ」の行進によって、五輪開催に湧く街は「壊滅状態」。なのになんと「死者ゼロ」。驚くほど優しいこの映画は、誰も傷つけ…
    • これまでの日本映画では見られなかった質の面白さと馬鹿っぷりと緻密な演出に目を見張る。早めに見ないと後悔するかも。
    背景画像

    preloader

    サウンドをONにしてお楽しみください。